調停離婚|夫婦問題は、横浜の『ハーモニー離婚相談室』にご相談ください。まずは電話で無料相談。

ハーモニー離婚相談室
調停離婚
離婚について、夫婦間の話し合いで合意がなされない場合には、家庭裁判所に調停の申し立てを行います。調停申立手続では、夫婦1人ずつを順番に、調停員2名が中立的な立場で、離婚に関する意思・希望条件などの意見を聞き、調整していきます。夫婦がその場で直接話し合うことはありません。その中で夫婦合意が図れた場合には、調停離婚成立となります。
@調停離婚成立まで
家庭裁判所へ調停の申し立て

第1回調停期日

第2回調停期日
↓         
離婚調停成立・調停調書の作成・離婚成立


※調停手続中に夫婦の合意が為されなければ、調停不成立となります。
※調停期日の開催回数は、ケースによって異なります。
A調停申し立てに必要な費用
収入印紙 1,200円
連絡用の郵便切手 80円×10枚(申立てを行う家庭裁判所により、異なる場合があります)
B弁護士への依頼が必要かどうか
調停の場へは、当事者の出頭が原則とされており、弁護士のみの代理出席は基本的に認められておらず、必ずしも弁護士への依頼は必要ありません。
C円満調停
家庭裁判所には、離婚を目的としたものだけでなく、夫婦関係の修復を目的とした「円満調停」の申し立ても可能です。
【監修】伊倉総合法律事務所 伊倉吉宣

PageTop