夫婦問題|離婚問題|ご相談先に悩んだら横浜のハーモニー離婚相談室へ。まずは電話で無料相談。

ハーモニー離婚相談室

どこに相談したら?

どこに相談したらいいの?

夫婦問題の悩みを抱えると、ほとんどの方は行き詰まりを感じてきます。その主な原因として、“適切な相談場所が分からない”ことが挙げられます。結婚とは、法律で守られている制度なので、問題の解決は最終的には法律が絡んで来ます。だからといって、全て弁護士でいいかというと、そうではありません。
離婚相談の対象として存在するのが、私たち結婚生活コンサルタント、カウンセラー、弁護士・行政書士等の法律家、調査会社等です。ここでは、その違いを可能な範囲でご説明します。あなたの悩みを解決してくれる場所はどちらでしょうか?

どこに相談したらいいの?

結婚生活コンサルタント(当社の方針)
結婚生活の悩み(夫婦問題・育児問題・親族問題など)、離婚問題、再婚の悩みまで、”結婚生活”に関わる全ての悩みを解消へと導く事を目的としている総合コンサルタントです。
クライアントが抱えている悩みに対して、心理カウンセリングのフィールドのメンタルサポートと、実際の経験に基づく専門ノウハウにより問題を解決に導く具体的な戦略をアドバイスしていくコンサルテーションを合わせたものを提供します。
離婚カウンセラー
離婚問題を専門として活動しているカウンセラー。カウンセリング業の中では専門性が1番高いと思われますが、心理カウンセリングの延長で行っているカウンセラーが多く、相談経験によりノウハウに差が見られます。下記の”離婚カウンセラーを見極めるポイント”を参照してください
弁護士
法律のプロです。法的な答えを求めているなら、弁護士への相談が望ましいでしょう。あなたの現在の状況を法律的見解からしっかりと判断してくれます。訴訟(裁判)になった場合は、弁護士に依頼することをお勧めします。
しかし、一般的にメンタルケアは含まれないことが多く、「私はこうして欲しいのに!」という感情の強いタイプのご相談者は合う・合わないが出てしまう可能性があります。
行政書士
官公署への提出書類の代書をメインとして活動している“町の法律屋さん”です。最近では離婚相談に力を入れて活動している行政書士が増えてきました。法律家ではありますが、弁護士のように訴訟の代理人になることは出来ません。
一般的に主な業務は官公署への提出書類の代書なので、相談業務の専門性は薄いかもしれません。
心理カウンセラー・心理セラピスト
心理学をベースにご相談者のメンタルケアをしてくれます。基本的なスタイルは“傾聴(話を聞く)”で、アドバイスがメインではありません。人の悩み全般を対象としているので、専門性は薄い傾向があります。
アドバイスが含まれたとしても、一般的には心理ベースのもので“法律ベース”ではないので、ハッキリとした解決への道筋が見えるというものではありません。
調査会社
他人の行動や犯罪の事実等を調査することをメインとしています。配偶者の行動や浮気の事実を知りたい時には、個人で調べると発覚する可能性が高いので、調査会社に依頼した方がいいと思います。
離婚問題に関する調査の一環で、離婚相談を行っている調査会社もありますが、やはり専門性は薄いかもしれません。

離婚カウンセラーを見極めるポイント!

離婚カウンセラーの数は、年々増加しています。皆様も「誰に相談したら・・・」とお悩みではないでしょうか?問題解決には、離婚カウンセラーの資質や相性が大きく影響します。よりご自身に合ったカウンセラーと巡り合えることが早期解決への糸口です。
そこで、弊社でお受けしたご相談者(いろいろな相談所を回って来た方)からの声を元に、いくつかの“離婚カウンセラー選びのポイント”をお伝えします。
Point1 人間性(誠実さ、安心感、信頼感等)が高い
ここが1番大切です。注意点としては、“最初だけ”ではなく、“最後まで”誠実かどうかを見極めることです。ご相談者が問題解決後に「本当にありがとう」と心から思えるカウンセラーに出会えるかがポイントです。
Point2 ハッキリ方向性が見える具体的なアドバイスが多い
「分かりますよ」と同情し、「頑張って」と勇気づけ、「こうした方がいいのでは?」という個人的な意見だけでは、ただのカウンセリングになってしまいます。ご相談者が「1番良い」と思える解決策を導き出すための、経験に基づく具体的なノウハウをどれだけ持っているかです。
Point3 過去の経験(相談件数)
私たちは法律家ではないので、アドバイスの質は“経験”で決まります。ここでの注意点は、相談件数が多くても、すぐに弁護士を紹介するカウンセラーは解決までのノウハウを持っていないことになります。きちんと進むべき道を示してくれるカウンセラーを探しましょう。
Point4 強引な営業トークをしない
ご相談者の意思を考えず、相談の継続を強引に勧めたり、その返事をもらうまで帰してくれなかったりと、“利益優先”のカウンセラーも存在します。ご相談者のことを考えている“お勧め”の中に、かなり強引なものが見えたら要注意です。

PageTop